Home
サイト内検索
検索



サイズ:φ26cm
素材:陶磁器
※モニターの発色の具合によって実際のものと色が異なる場合があります。

エトラスカンダンサーとは エトルリアの 踊る巫女

当時の巫女は 神に踊りをささげ 神聖娼婦として 寄進を受けた者に神の活力を 授けるために 性交渉を行っていた。
当時は売春行為は、現在とはかなり違い神聖な儀礼であった。
古代メソポタミアのイシュタル 古代ギリシアのアフロディテ(ギリシア神話のアフロディテは ウゥルカーヌスの妻ですが、マールス、メルクリウス、アドーニス、アンキセスたちとも浮名を流しています。
このうちのアンキセスとの間の子アイネイアースは ローマ建国の祖にして、ガイウス・ユリウス・カエサルの属するユリウス氏族の祖とされた。
ここからカエサルは ヴィーナスを祖神として、彼女を祀る為の壮麗な神殿を奉献したという。
また、カエサルの祖神として 軍神ともされました。 ) 北欧神話のフレイヤなど 多くの神話では 愛と美を司る女神は 性に奔放な姿で描かれているのも こうした神殿娼婦の影響による。

日本の巫女は 神仏混淆により 穢れなき 処女性を 重んじる 斎(いつき)の巫女  斎王が生まれるより 遥か神代の昔から 祈祷や 奉納の舞をするように 性行を清めの神事とする 神聖娼婦が渡りの巫女として 明治時代に禁令が出るまで 全国を経めぐっていました。有名な白拍子 静御前もその1人です。

言い寄る頼朝への返歌
しづやしづ しづのをだまき くり返し 昔を今に なすよしもがな
吉野山 峰の白雪 ふみわけて 入りにし人の 跡ぞ恋しき
激怒する頼朝を妻の北条政子が「私が御前であっても、あの様に謡うでしょう」と取り成し命を助けた。

エトルリアは、紀元前8世紀から紀元前1世紀ごろにイタリア半島中部にあった都市国家群。
ギリシャ語ではティレニア 。各都市国家は宗教・言語などの面で共通点があり、統一国家を形成することはなかったものの、12都市連盟と呼ばれゆるやかな連合を形成し、祭司・軍事で協力することもあった。
古代ギリシアとは異なる独自の文化を持っていた。
当時としては高い建築技術を持ち、その技術は都市国家ローマの建設にも活かされた。
王政ローマの7人の王の最後の3人はエトルリア系である。
鉄を輸出し古代ギリシアの国家と貿易を行っていた。夫婦と思われる男女の横たわる石像が残っており、男女平等の考えを持つ稀な民族だった。

ヘロドトスによれば、エトルリア人は小アジアのリディアからこの地にやってきたと言う。
一方、ハリカルナッソスのディオニュシオスは、エトルリア人はイタリア古来の民族だと述べている。
現在の調査では正式には、エトルリア人が小アジアの出自である事を直接結び付ける証拠はない。
しかしながら、ある調査ではエーゲ海のレムノス島では紀元前6世紀までインド・ヨーロッパ語ではない民族が居住していた跡が見られ、その民族の言語がエトルリア人と似ている事が指摘されている。
また、エトルリア人は海を往来する民族でもあり、古代地中海世界の至るところからその存在が記述されている。
一説には古代エジプト第20王朝に記述のある「海の民」はエトルリア人ではなかったかとも言われている。

エトルリア人について残る最も古い記述は、ヘーシオドスの著した『神統記』の中に「ティレニア海の輝けるすべての民」として、イタリアにおける非ギリシア民を含む意味合いで言及されている。
ヘシオドスは彼の著作を紀元前7世紀初め頃に記しているが、この時期(紀元前690年 - 680年)の最も古いエトルリアの碑文に、すでにアルファベットの使用が認められ、これはエトルリア商人が商業地であるクマ(現在のナポリ近郊)でギリシア人との交易から、少なくともこれより70年前に学んだものであることは確実である。
エトルリアは、紀元前10世紀頃から花開いたヴィッラノーヴァ文明に端を発する。可能性として、すでにこの半島の各地にそれぞれ異なる文化圏の形成があったと考えられ、これがかのヴィッラノーヴァ文明にほかならない。
紀元前4世紀、ローマの勢力が強くなると、周縁の都市から順に少しずつローマに併合され、最終的には完全にローマに同化した。紀元前87年ユーリウス法で、エトルリア人もローマ市民権を得ている。
エトルリアの名前は、近世イタリアのエトルリア王国や現代イタリアのトスカーナ州(「エトルリア人の土地」の意)、ティレニア海(「エトルリア人の海」の意)として残っている。

アンティック ヴィンテージ店のお取り扱いは 中古品の世界ですが お熟成アインのは ピカピカの 新品です。

ネオクラシックを代表するジャスパーと 英国ボーンチャイナ
当時 ギリシヤ,ローマ遺跡の発掘とあいまって 典雅なロココから 端正なネオクラシックが 勃興の中 ジョサイアの 古代文明への博学と憧憬が 生み出した ジャスパーウェア
(古代ローマの カメオガラスを模して 4年の歳月 1万回にも及ぶ 焼成実験の結果 せっ器藍地に 白いレリーフを貼付する ジャスパーウェアを 1774年に発明)
は 時流に乗って ヨーロッパ中を 席捲しました。磁器に先駆けたマイセンや セーブルを襲った この猛威を前に マイセンらは なす術も無く かえって ビスク焼きで後追いするほどでした。

ポートランドの壷
古代ローマ(紀元前27年~紀元14年頃)作のカメオガラス。
1582年 古代ローマ皇帝の墓所で 発掘。めぐりめぐって英国国宝となった この壷を 5年の歳月をかけ1790年 ジャスパーウェアで ジョサイアが 完全復刻に成功。
彼の名声は 弥が上にもまし 彼の誇りの象徴となつた ポートランドの壷が 末永く ブランドロゴに採用されております。
現在は 初代ショサイアの名を汚さない 手工芸銘品にのみ 許されております。

ボーンチャイナ
英国では 磁土(カオリン)の産出がなく 硬質磁器を作るのに 大陸から輸入して いくつかの窯で 細々と試みられていました。
一方で カオリンに代わるものを求めて 試行錯誤の末 1749年 トーマス・フレイが 牛骨を焼いた骨灰にたどり着きました。
18世紀末 この軟質磁器の 工業製品化に成功した1人が ジョサイア・スポード二世でした。
さらに 1819年 現ザロップで フェルスパー(長石)が発見され 多くの窯で フェルスパー・ポースレーンの開発競争の中 この時代を リードしたのが 又 逸早く工業製品化に成功した ジョサイア・スポード二世でした。英国ボーンチャイナ確立

クィーンズウェアに続く このジャスパーウェアの 大ブレークが 先見の明あるはずの ジョサイアの目を曇らしたのか 後に隆盛を見る ボーンチャイナの開発に 余り関心なく(1780年 ブリストル硬質磁器窯の 買収提案を拒絶)結局ジョサイア二世による 1812年にと 大幅に遅れることに なりました。
しかしこれとても 先発するスポード社などに 及ばず 1828年には 取りやめました。
今 ウェッジウッドの 中核をなすボーンチャイナへの 再チャレンジは 1878年の遅きになりました。
やがて 研究熱心なウェッジウッドでは ワイルドストロベリー(初代 ジョサイア・ウェッジウッドが残した 8冊 約10000点の パターンブック 初版1769年頃 再版1810年 から 1806年に発表された ワイルドストロベリー。現在のパターンは 1965年発売)
を 始 多くのヒット作の 中核的素材となる 美しいファインボーンチャイナを 完成させました。
余談になりますが ウェッジウッド家の 科学研究的優秀さは 中世最高の科学者「進化論」のダーウィンを 血脈としたこと(ジョサイアの娘スザンナの子が チャールズ・ダーウィン すなわちジョサイアの孫になります)でも有名で 世に喧伝されました。

品質満点 ウェッジウッド・プレステージコレクション ブラックバサルト・ダンシングアワーボウル φ26cm-その他

3個セット☆ 萬古焼大皿 ☆ かすみ志野12.0四ツ足長角皿 [ 378 x 245 x 60mm ] 【料亭 旅館 和食器 飲食店 業務用 】

金融機関名 ソニー銀行 金融機関コード 0035

品質満点 ウェッジウッド・プレステージコレクション ブラックバサルト・ダンシングアワーボウル φ26cm-その他

【まとめ買い10個セット品】和食器 ア591-656 17.5cmスクエアーボールB 【キャンセル/返品不可】【厨房館】 ソニー損保の自動車保険 まずはお見積もりを ワンダーシェフ プロビッグ圧力鍋 30L AAT5701